四十八手「しがらみ」(shigarami)

しがらみ(shigarami)

金属生命体の雌雄による愛の営み。四十八手の一つ。

伸展位と呼ばれる正常位の一種。しがらみとは「まとわりついて、引き止めるもの」という意味。雄の男根にまとわりついて決して離さない雌の膣を表現している。

雌の背中と腰が反り返る「燕返し」(tsubame-gaeshi)


燕返し(tsubame-gaeshi)

金属生命体の雌雄による愛の営み。四十八手の一つ。

雌の背中と腰が反り返る形が、飛んでいるツバメのように見えるところから付いた名称。
通常のバック挿入を行うポジションから雄が雌の片足を持ち上げ、反り返る形になる体位。後背位の一種。

陰部を丸出しにする「立ち花菱」(tachi-hanabishi)

立ち花菱(tachi-hanabishi)

金属生命体の雌雄による愛の営み。四十八手の一つ。

仰向けになった雌の臀部を浮かせるようにすると隠れていた陰部が丸見えになり、クンニしやすくなる。雄は丸見えになった雌の陰部を愛撫する。

渦潮のように大回転「鳴門」(naruto)

鳴門(naruto)

金属生命体の雌雄による愛の営み。四十八手の一つ。

雄が椅子などに座り、その上に雌が雄に対して背中を向けるように座り、挿入する。
雌が腰を渦潮のように回転することで「鳴門」となる。座位の一種。

立ち鼎(tachi-kanae)

立ち鼎(tachi-kanae)

金属生命体の雌雄による愛の営み。四十八手の一つ。

雄が転ばないよう一本足で立つ雌の腰をしっかり支える。密着感が高い。
向かい合う形になる立位。

茶臼のばし(chausu-nobashi)

茶臼のばし(chausu-nobashi)

金属生命体の雌雄による愛の営み。四十八手の一つ。

茶臼のばしは雌が雄の上に乗ってまたがる騎乗位体位。
基本的に雌が雄の上に覆いかぶさるように乗るだけなので、初心者向けの体位でもある。