茶臼のばし(chausu-nobashi)

茶臼のばし(chausu-nobashi)

金属生命体の雌雄による愛の営み。四十八手の一つ。

茶臼のばしは雌が雄の上に乗ってまたがる騎乗位体位。
基本的に雌が雄の上に覆いかぶさるように乗るだけなので、初心者向けの体位でもある。

「うしろやぐら」後ろ櫓(ushiro-yagura)

うしろやぐら(ushiro-yagura)

金属生命体の雌雄による愛の営み。四十八手の一つ。

雌は立った状態で壁などに両手をつける姿勢になり、雄は後ろから雌を突き上げるように挿入する体位。立ちバック。

宝船(takara-bune)

宝船(takara-bune)

金属生命体の雌雄による愛の営み。四十八手の一つ。

雄が仰向けになり、その上に雌がまたがる体位。騎乗位の一つ。

背面座位とも呼ばれる「乱れ牡丹」。

乱れ牡丹(midare-botan)

金属生命体の雌雄による愛の営み。四十八手の一つ。

雄が足を伸ばし、その膝に雌が雄に背中を向ける格好で乗る体位。
「背面座位」とも呼ばれる。

かなり危険なアクロバットプレイ。

立ち松葉(tachi-matsuba)

金属生命体の雌雄による愛の営み。四十八手の一つ。

仰向けに寝転んだ雌が足を高くあげ、そこへ雌の足を持った雄が足をクロスさせるようにして、ペニスを挿入する。かなり危険な技なので長時間のプレイは避けたほうがいいらしい。

つり橋(tsuribashi)

つり橋(tsuribashi)

金属生命体の雌雄による愛の営み。四十八手の一つ。

通常の正常位との違いは、仰向けになった雌の身体を空中に浮かせた状態で、雄が上からペニスを挿入するというもの。

雄のクンニテクニックによる舌技。

岩清水(iwa-shimizu)

岩清水(iwa-shimizu)

金属生命体の雌雄による愛の営み。四十八手の一つ。

雄のクンニテクニックによる舌技。雌の愛液を味わうのも醍醐味の一つ。